ビジネス

Business

JBAHが走る!

500人が参加した新年会 イベント成功の陰に秘策あり
vol.03


1

月8日にJBAHの新年会を開催しました。参加申込者は過去最高となる約500人で、昨年の213人の倍以上です。皆さんの評判も上々でしたが、実は我々は、そのための「仕込み」を着々と進めていました。昨年までは子ども向けのショーを含めてどこかマンネリで、今年度のJBAHは「ドイモイ」(刷新)を掲げていることもあり、「新しい新年会」を作りたかったのです。

まず、ベトナムのアイドルグループを招聘。私が別イベントで彼女たちを見つけて、その場でオファーしました。彼女たち7人に揃いの衣装を着てもらい、AKB48の曲を歌って、踊って、まるでコンサート会場(笑)。大盛況でした。また、ベトナムで修業(?)している吉本芸人のダブルウィッシュも登場。JBAHのゴルフコンペでも芸を披露してもらったのですが、実は大スベリ。受けなかったのです。そこで、リベンジ出演となりました。

会員の方々も負けていません。司会の2人は揃いの真っ赤なネクタイ、ポケットチーフ、カフス姿で進行。最初に流した導入のムービーは、2人が自ら作成したものです。また、会員の方が和服姿で謎かけを披露。子どもたちが自然と舞台近くに集まる人気振りで、気の入れ方が違っています。そして、食事は5つ星ホテルでのブッフェ。美味しいものをたくさん用意し、恒例の餅つき大会では、できたての餅をその場で配りました。

商工会行事の中でも家族や非会員の方まで参加できるイベントは珍しく、日本人会が存在しないベトナムでは特に新年会の意義が大きいと思います。JBAHではビジネス関連だけでなく、こうした会員間の懇親行事も行っています。

ページの先頭へ