ビジネス

Business

困ったときに読む、 優秀人材の探し方

人事の悩みの軽減のために


様、はじめまして。RGFベトナムの細田と申します。この度、SKETCHPROのコラムを書かせていただくことになりました。ベトナム在住ビジネスパーソンの皆さんは、営業や生産の拡大を主なミッションとされる方が大多数だと思います。

その中で、採用や人事評価の業務も任され、「人材には悩まされるが、人事だけを考えているわけにはいかないのだ!」という方は多いのではないでしょうか。このコラムではそのような方を想像しながら、人材業に携わる立場から、参考になる情報をお伝えできればと考えています。

一般的に、個人の能力と企業活動の成果を最大化するための「人材マネジメント」の方法はいくつか存在します。例えば、「採用」、「教育・育成」、「配置」、「評価・報酬」、「退職」などです。人事担当であれば、おしなべて全てに頭を使いますが、このコラムの最初では「採用」について取り扱いたいと思います。

良い人材を「採用」できさえすれば、その後の「育成」に苦労しないばかりか、難しい「評価」に悩むこともなく、適材適所で育ってくれるために「配置」もスムーズだからです。

逆に、入社後に人を変化させるパワーやストレスは大きいですよね。「採用」を最も重要なレバレッジにすることは、人事の悩みに対して省エネかつ効果的だと考えています。

現在は、多くの企業で2017年の採用計画が確定するタイミングではないでしょうか。この計画を成功させるために、これから何が必要となるのか。

次回は、採用成功のための基本的な考え方である、「採用力」について書きたいと思います。

ページの先頭へ