ビジネス

Business

Creator's Eye 広告制作から見たベトナム人

広告の世界にも続々と進出 ベトナム人は寝ても覚めてもサッカー!?


W杯や海外での日本選手の活躍など、日本で大盛り上がりのサッカー。しかし、ベトナム人のサッカー熱はそれを上回る勢いなのをご存知ですか?
街のカフェは連日サッカー観戦でにぎわい、公園でもサッカーに興じる若者の姿が目立ちます。ひいきのチームウェアを普段着にするおじさんもちらほら。国際試合でベトナムが勝った日は、国旗片手に疾走するバイクが街に溢れます。

 

国民のサッカー熱に乗じて、サッカー選手を始めとするアスリートを起用した広告が増えてきています。他にも、ユニフォームを着た女優やモデルの写真がネット上のSNSで話題になる、黄金世代との呼び声の高いU19代表が漫画化されるなど、サッカーを交えた広告の効果には目を見張ります。視聴率の高い試合には、国内・外資系企業がこぞって広告を出すのはもちろんのことです。

 

これからはWeb広告の波及とも相まって、サッカーの要素を取り入れたり、Vリーグチームとコラボしたりといった、様々な広告の形が現れてくるのではないでしょうか。

 

そんなVリーグの人気を牽引するのが、先ほども触れたU19代表。A代表より人気があるのも、若者が多く、将来性のあるベトナムならでは。現在FIFAランク140位台のベトナムですが、続く経済成長と若手パワーで、W杯に出場する日も近い(!?)かもしれません。

ページの先頭へ