ライフ

Life

粗にして野だが肥に非ず

最終回スペシャル! 何はなくとも、 冷蔵庫に常備しておくとはかどる食材たち


1年間にわたって連載された当コラムも、いったん本日で最終回となります。「運動が大事なのはわかった。で、結局、何食えばいいんだよ?」とのご質問にお答えして、私が愛用する「冷蔵庫に常備しておくべき食材」を、軽くご紹介します。

・卵:コレステロールが有害というのは、古い時代のデータ。卵はタンパク質とミネラルの宝庫。「焼く&炒める」よりは「茹でる」がおススメ。
・白ゴハン&雑穀ゴハン:小腹が空いた時、ラーメンやパンよりはるかに体に良い食材。腹持ちがいいし、満足感もアリ。
・ヨーグルト(できれば無糖):ドレッシングの代わりにすると、野菜との相性が抜群。タンパク質も補給できる。
・鶏むね肉・魚の白身:どちらも脂身の少ない部分が大前提。味付けにレトルト食材などを使う場合は、塩分、添加物、油分に要注意。
・りんご:食物繊維やビタミンが豊富でローカロリー。ただし、冷蔵庫で保管するとガスが発生し、他の生鮮食材の劣化を早めることもあるので要注意。
・バナナ:朝食代わりに一本だけでも食べると、お通じもスムーズに。案外高カロリーなので、食べすぎには注意!
・ブロッコリー:茹でるだけで調理が完了。ミネラルの宝庫でローカロリー。

さらば、愛しきPROたちよ!また逢う日まで、ガッツ!(完)

ページの先頭へ