ライフ

Life

幼児の教育 悩みを解決!

家庭教育のコツ:母子で楽しく学ぼう!


前回までは世界の幼児教育の状況や、その中で日本の置かれている状況などを、お話しさせていただきました。今回からは、「今から家庭で出来ること」をお話させていただきます。
 
家庭で教育する際のコツには、①怒らないこと、②勉強と思わせないこと、③具体物から始めること、があります。
①お子様が勉強を嫌いになる一番の理由は、親に怒られるからです。どうしてもイライラしてしまったらそこで止めましょう! それ以上続けることに意味はありません。
 
②勉強が好きな子どももいますが、勉強というとどうしても身構えてしまう子どもがいます。そんな時は、「クイズをしよう」や「パズルをしよう」と言って、子どもの好きな単語で誘ってあげてください。また、生活の中での問いかけも非常に重要です。例えば、夕食のお手伝いの時に、「1番目に多いのはお父さん、2番目は…」などと量を系列化したり、「今日は4人でご飯を食べるから、お箸は何本になるかな?」などと数を聞いてみて下さい。
 
③前述にも関係しますが、具体物を出来るだけ使って学習しましょう。子どもは大人に比べて抽象化して考えられません。つまり、いきなりペーパー問題を出してもイメージできないので、頭には入っていないのです。解答が出来たり出来なかったりするのはそのせいです。数の問題であればおはじきや箸、図形であれば平面パズルや立体パズル、量であれば実際にコップや水を使って、子どもの好奇心をうまくくすぐりましょう。生活の中から無理なく学べるような、お子様の実体験が大切です。

ページの先頭へ