ベトカル

Vietcul

人気メディアの編集長に取材!

ビジネスマン向け週末新聞
豊富なライフスタイルテーマ vol.02


主な読者はCEOやマネジャー

編集委員のMr. Nguyen Van Vinh(左)と、 セールス&マーケティング部長のMr. Huynh Quoc Thinh

「2003年に創刊した当時はデザインや印刷クオリティにこだわる新聞が少なく、『Doanh Nhan Saigon Cuoi Tuan』のようなフルカラーの週刊新聞は珍しい存在でした」と、振り返りながら語る編集委員のヴィン(Vinh)氏。

12年間以上発行し続けて、今でもベトナム人と在越外国人のビジネスマンに愛読されているライフスタイル新聞。読者の45%はCEOやマネジャークラスで、次いで多いのはビジネスオーナーの15%だという。週末編というコンセプトで、主な経済テーマのほか、テクノロジーや車、エンターテイメント、教育などの情報も充実している。

ビジネス情報には旬の経済の話題や金融・証券、不動産、人事などのコラムがあり、注目しているテーマはマクロ経済の安定性や、金融政策の再構築とその成果、グローバル化が促進される中での国内経営環境への影響、特に中国や日本、タイなど近隣諸国の影響力などだという。

表紙には国内だけでなく、外資系の大手グループ・企業のCEO、マネジャーが登場することが多い。ベトナムでの投資活動やローカル市場の状況、これからのビジネス戦略などについての取材記事も強みだ。

コンテンツ担当部署はホーチミン市とハノイ。ダナンとカントー省に編集者、記者とコントリビューターのチームがおり、各地方の情報を集めている。最終的な情報分析や編集作業は主にホーチミン市事務所で行われている。当新聞の強みといえば、金融や不動産など、様々な経済分野のトップクラスの専門家やジャーナリストからなる、20名以上のコントリビューターだ。

今後は切磋琢磨が本格化

経済情報に次いで、読者に人気なのは教育・留学コラムだ。「ベトナム人は元々学問に励んでいますし、その上、ビジネスマンたちは常に先進的な教育システムを目指しており、子供に先進的な知識を学んでほしいと思うからです」とヴィン氏。他の人気記事は、車、テクノロジー、ファッション、家庭のページなどだ。

「中小の製造業から発展してきたベトナム経済は、今後グローバル化がどんどん進んでいきます。それに従って競争は激しくなり、現在のビジネスマンはより多くのチャレンジに直面し、ビジネスに対しての考え方も変わっています。世界中の投資トレンドの知識、ビジネスの運営経験などを常に身に付けなければなりません。その一方、リスクを取り、起業に挑戦する若者新世代も生み出されています」(ヴィン氏)

ページの先頭へ