ベトカル

Vietcul

人気メディアの編集長に取材!

アドバイザー陣はプロゴルファー
ベトナム有数のゴルフ雑誌 vol.10


女性向けのコンテンツも

10年以上ゴルフをして、全国でトーナメントを開催する経験豊富な編集長の
Mr. Nguyen Minh Khoi氏

「ベトナムでは現在約40のゴルフ場が活動中で、それぞれに平均2000名程度の会員がいますが、そのうち7~8割がベトナム人です」

ベトナムにおける最初のゴルフ場が1922年にダラットに誕生したが、ゴルフが実際に広がり始めたのは1990年代からだそうだ。現在、ゴルフ人口は年齢を問わず、男性の経営層やビジネスマン、ビジネスウーマン、子供たちも増加している。同誌の読者層もそのあたりで、主に月収2500USD以上とか。一般販売のほか、ベトナム全土のゴルフ場やリゾート、5ツ星ホテルなどでは無料配布されている。

約200ページの分厚い冊子のうち、約80ページがゴルフのコンテンツだ。その中で代表的なのはテクニック・レッスン、各国で注目されたツアー情報のコンテンツで、特に女性向けにオリジナルの写真付きで技術をわかりやすく解説した「Golf For Girl」の連載が人気だ。

編集部員はホーチミン市本社に5名いるほか、プロゴルファーのテクニックアドバイザーなどが寄稿している。例を挙げると、オーストラリアプロゴルフ協会会員であるMarcus McPherson氏や、マレーシアプロゴルフ協会会員であるEdmund J.AU氏、「ベトナムゴルフ&カントリークラブ」ゴルフ場のマネジャーのNguyen Van Thong氏などだ。

2020年までに100ヶ所に

編集スタッフ

また、世界的に有名なゴルフクラブメーカーのテーラーメイドやタイトリスト、キャロウェイなどの新商品やファッションなどを紹介するページもある。人気連載の「Course4U」では、ベトナムのコースの特徴的なホールと、そのゴルフ場のマネージャーやプロゴルファーが攻略法を紹介している。雑誌の後半では車や腕時計、ハイテクガジェット、不動産などのライフスタイルのコンテンツも充実している。

「ベトナム人ゴルファーには趣味でする人もいれば、ビジネスの接待・交際でプレーする人も多いです。プロからアマチュアまで幅広い技量を持っていますが、最近はシングルプレーヤーが増えています」

雑誌の発行の傍ら、同社は毎年北・中・南部、それぞれで1回「ゴルフ&ライフ・トーナメント」を開催し、1年で約500人のゴルファーが集まっているとか。

「2020年までにゴルフ場の数が約100ヶ所に増えるそうです。去年には世界的に有名なゴルファーが集まるベトナム初のプロトーナメントアジアツアー『ホーチャムオープン』がバリアヴンタウ省で、今年3月には国際女子プロゴルフツアー大会がダラットで開催されました。今後はこのような、外国人ゴルファーを誘致するゴルフツーリズム促進活動も活発になるでしょう」

ページの先頭へ