ベトカル

Vietcul

イベントオヤジの独り言

イベント失敗編(暗闇の悪夢) Vol. 25


8

年ほど前のビーチリゾートのパーティー。海をバックにビーチステージを設置。ステージのセンターにはスクリーン、その後ろには有名ロックバンドが控え、オープニング映像後にスクリーンが振り落ち、ライブ演奏開始。その曲に合わせて、パフォーマーが両袖から登場する演出でした。

主催者は、ロックバンドの演奏曲をCMソングに採用、オープニング映像も同じ曲でした。オープニング映像~スクリーン振り落とし~ロックバンド演奏、同時にパフォーマー! 「パフォーマーの出るキッカケはバンドの曲。それだけ覚えてくれればOK!」と伝えました。

有名バンドはリハ時の混雑を避け、簡単なサウンドチェックのみ。彼らとパフォーマーとの打合せはなく、パフォーマーだけで何度もリハーサル。そしていよいよ本番! 海辺の音だけが聞こえる静まり返った会場。センタースクリーンには映像が流れ、徐々に大きくなってCMソングにクロスした瞬間、悲劇は起きました。

なんとパフォーマーがバンド演奏ではなく、映像の中の曲をキッカケに登場してしまったのです! 映像の曲とバンドの曲が同じCMソングだったことが原因。暗闇の中、センタースクリーンの周りを走り回るパフォーマー! 私はクリアカムで叫ぶ。「もういい! 照明! 照明ピンを当てろ!」「早く! ニャンニャンライティング!」。

その後映像が終わり、スクリーンが振り落ちて、有名バンドの演奏が始まりました、パフォーマーは「おや?」という顔。ライブ演奏が終わってセレモニーはスタートしましたが、私はそのまま海を泳いで日本へ帰りたかった…です。

ページの先頭へ