ベトカル

Vietcul

イベントオヤジの独り言

イベントの種類(各種式典・パーティー) Vol. 27


回は、式典とパーティーについてです。一口に式典と言っても、会社設立や周年、調印式、竣工式、表彰式など様々なスタイルがあります。

関係者のみのインナーイベントの場合は、社内の担当者でハコ(会場)を押さえ、招待状の手配などもできますが、お客様を招待する式典になると、大きく段取りが変わり、様々なおもてなしのための準備が必要になります。

式典では、主催側の大切な事柄をお知らせするセレモニーが多いため、主催者のひとりよがりな内容で、お客様にとっては我慢大会になりがちです。お客様本位に立った、おもてなしの運営をすることが大切です。パーティーも同じで、身内だけなら多少段取りが曖昧でも大丈夫ですが、お客様を招待するとなると、これまた段取りが大きく変わります。

パーティーは食事が伴うため、お客様にお楽しみいただける一方で、逆に評価されやすいところです。予算も確かに大切ですが、美味しい食事、気持ちよく過ごせる演出を常に考えたいものです。この連載の中で何度も伝えてきましたが、「招待したから、食事も出す」という考え方はやめましょう。美味しいものを自信を持ってお出しするという気持ちで、予算配分を考えてください。

気持ちよく過ごせる演出とは、無駄にアトラクションを入れることではありません。何もなくてもいいです。静かなBGMだけでいい。

大切なのは、自分がご招待されて心地よいと感じる空間を考えることです。

ページの先頭へ