ベトカル

Vietcul

イベントオヤジの独り言

イベントの種類(販促イベント) Vol. 28


回は、販売促進(販促)イベントについてです。販促イベントは言葉の通り、商品の購買動機を喚起させて販売に結び付けるもので、会場や店舗での販売を伴うキャンペーンイベント等が主になると思います。

この国でも、様々な販売店で商品イメージの衣装を着た、やる気のない(?)PG(プロモーションガール)がチラシを配ったり、デモンストレーションしているのを街で見かけると思います。

ただ、最近はWebで情報を収集し、指名買いやネットで購入するユーザーが増えました。昔のようにPGのPRで買う人は少なくなったと思いますが、スーパー店頭などでの生活必需品や低価格商品の衝動買いやついで買いには、販促イベントは有効だといえます。また、ユーザー対象だけでなく、販売店に対して、販促イベントは営業的にも効果的な流通支援です。

販促イベントは売り場でのコミュニケーションだけでなく、プロモーション戦略に基づいた計画が必要です。商品コンセプトや特徴を考えた演出であるべきなのです。販売ターゲットや競合他社の状況を調査し、売り場にマッチしたコミュニケーションを構築し、メディアプランやPR計画と合わせて店頭演出へと連動させていきます。そのあたりは弊社のような専門会社が戦略を立て、社内デザイナーと連携して販促イベントを企画するのが一般的です。

当たり前ですが、商品がポンコツだと何をやっても売れません。ただポンコツはポンコツなりにポンコツを求めるターゲットがいる場合もあります。ですが、イベントの演出はポンコツではダメですね。お気をつけて。

ページの先頭へ