ベトカル

Vietcul

会いたかった! ベトナムのDep

圧倒的な存在感を誇る
20年君臨するトップ歌手
My Tam
ミー・タム


2015年に大阪で日本人ギタリストの押尾コータローと共にコンサートを開催した、ベトナムを代表する歌手とも言えるミー・タムさん。彼女の上品な風格や情感溢れる歌声は多くの日本人オーディエンスを魅了した。

「日本の音楽は寂しいように聞こえますが、悲しくはなく癒されるように感じています。近頃の音楽も印象的で、日本の曲しか聴いていない時期もありましたよ」

1999年から歌手として活動し始め、現在約19年が経ってもタムさんの人気は落ちず、依然として圧倒的な存在感を保っている。特に、2017年12月にホーチミン市、ハノイ、ダナンで開催された新アルバム「タム9/Tam 9」の発表記念コンサートには約2万5000人の熱狂的なファンが集まった。

その理由を尋ねると、「質の高い作品にするよう常に工夫すると同時に、視聴者に対して誠実でクリーンなイメージを保つことも大事にしています」とタムさんは語った。

「新アルバム『タム9/Tam 9』は切ない恋の物語で、悲しみを自ら癒す強い女性を歌っています。13曲どれも好きで、選ぶのは難しいのですが、毎日の気分に合わせて聴いてみませんか? 『私に聞かないで/Dung Hoi Em』や『あなたは決して知らない/Anh Chua Tung Biet』、『冷たい/Lanh Lung』などをぜひ!」
 

ページの先頭へ